基本補償の比較と選び方

基本補償について

自動車保険の基本補償

事故を起こした際の相手方への補償や搭乗者に対する補償をはじめ、契約対象の車に対する補償などは自動車保険における「基本補償」と呼ばれるものです。保険会社によっては設定できる保険金額に違いがあったり、免責金額によって保険料も変わるため自動車保険を選ぶ上で大事なポイントとなります。この記事では各社の基本補償を比較し、選び方についても解説しています。

自動車保険の基本補償とは

自動車保険に加入する主な目的は運転中の事故に対するリスクに備えるためで、事故による「相手方へのケガ、死亡の補償」「他人が所有する物への補償」、そして「自分自身や搭乗者に対する補償」と「車に対する補償」が4つの基本補償とされています。

どの自動車保険でも4つの基本補償に対応した保険が用意されており、それぞれの保険について契約内容や保険金を決めることができます。ただし、保険会社によって設定できる保険金にも違いがあるので注意が必要です。

基本補償の内容概要
対人賠償保険事故によって他人を死亡、負傷させた場合に補償される。
対物賠償保険事故によって他人が所有する物を壊したり、お店の休業に対して補償される。
人身傷害保険事故による自身や搭乗者の死亡、負傷に対する補償。契約車両のみか車外事故の補償も選べる。
搭乗者傷害保険事故による自身や搭乗者の死亡、負傷に対する補償。事故後の保険金支払いが早いのが特徴。
自損事故保険相手方がいない自損事故によって自身や搭乗者が死亡、負傷した場合に補償される。
無保険車傷害保険事故の相手方が無保険であったり補償内容が不十分な場合でも補償される。
車両保険事故による契約車両の破損や修理に対する補償。さまざまなタイプがある。

「相手方へのケガ、死亡の補償」は対人賠償保険、「他人が所有する物への補償」は対物賠償保険、「自分自身や搭乗者に対する補償」は人身傷害保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、そして「車に対する補償」は車両保険で備えることができます。

それぞれの保険ごとに補償内容や保険金の支払い方や算出方法が異なるので、それぞれの特徴を理解して契約内容を決めることが大事です。

基本補償による自動車保険の選び方とポイント

  • 対人・対物賠償保険は無制限に設定できる自動車保険を
  • 人身傷害保険も無制限の設定がおすすめ
  • 車両保険は契約車両の状態や車の利用頻度に応じて検討

自賠責保険では死亡保障3,000万円、後遺障害保障が4,000万円までとなっており、損害賠償額が1億円を超えるような事故を起こしてしまった場合には自分の財産から支払う必要があります。そのため損賠賠償額が大きくなる可能性がある「対人賠償保険」「対物賠償保険」は、「無制限」に設定されることをおすすめします。

また自身や搭乗者が死亡、負傷した場合に補償される「人身傷害保険」に関しても無制限で設定できる自動車保険を選ぶようにしましょう。事故による負傷で身体が思うように動けなくなったり働けなくなった場合は、治療費だけではなく介護費用や生活費にも多額のお金が必要となります。このようなリスクにも備えるためにも人身傷害保険は無制限に設定されることをおすすめします。

車に対する「車両保険」は車の種類や経年数、主に運転する記名被保険者の運転技術などによっても選び方が変わります。市場で価格が高い車に対して車両保険をかける場合は保険料もアップし、自損事故や盗難にも補償範囲をひろげるとさらに保険料がアップします。車の運転に自信がある方やエコノミーや車対車に限定したり、思い切って車両保険を外すことで保険料を大きく抑えることもできるので契約時に検討してみましょう。

基本補償の各社比較

自動車保険によって基本補償の内容は大きく変わりませんが、設定できる保険金額や免責金額などに違いがあるため契約前によく比較して検討しておきましょう。

→ 自動車保険おすすめ比較ランキング

対人・対物補償


相手方への損害を補償

「対人賠償保険」と「対物賠償保険」は事故の相手方の損害に対する補償で、自賠責保険ではカバーできない金額を補償できるものとなっています。対人賠償、対物賠償ともに過去の判例では数億円にも上る損害賠償額を請求されたケースもあり、どちらも保険金は「無制限」で設定しておくようにしましょう。

損害保険会社対人賠償保険対物賠償保険
ダイレクト型
アクサダイレクト無制限1,000万円、2000万円、無制限
イーデザイン損保無制限1,000万円~1億円、無制限
SBI損保無制限500万円~1億円、無制限
おとなの自動車保険無制限無制限
ソニー損保無制限1,000~9,000万円、無制限
チューリッヒ無制限500~5,000万円、無制限
三井ダイレクト損保無制限500~3,000万円、無制限
楽天損保無制限無制限
セコム損保無制限無制限
自動車共済
JA共済無制限無制限
こくみん共済無制限無制限
代理店型
三井住友海上無制限無制限
東京海上日動無制限無制限
損保ジャパン無制限1,000万円、2000万円、無制限
あいおいニッセイ同和
損保
無制限無制限

どの保険会社も「対人賠償保険」「対物賠償保険」については「無制限」に設定できるようになっており、「対物賠償保険」に関しては500万円から金額を選べる保険会社もあります。

また対物賠償保険には「免責金額」を設定できるところもあり、免責金額を設定することによって保険料を抑えることができます。

搭乗者に対する補償


搭乗者の死傷を補償

自動車保険の契約対象の車に乗っている際の事故で搭乗者が死亡したりケガを負った場合は、「人身傷害保険」または「搭乗者傷害保険」で補償されます。人身傷害保険は過失割合を問わず補償されますが、保険金額の算出に時間がかかるのが特徴です。一方、搭乗者傷害保険は保険金の支払いが比較的スムーズですが、過失割合に応じて保険金額が変わります。

損害保険会社人身傷害保険搭乗者傷害保険
車内車外
ダイレクト型
アクサダイレクト3,000万円〜1億円、無制限500万円~2,000万円
イーデザイン損保3,000万円〜9,000万円、1億円、2億円、無制限500万円~3,000万円
SBI損保3,000万円~7,000万円、1億円、1.5億円、2億円、無制限500万円~2,000万円
おとなの自動車保険3,000万円〜9,000万円、1億円、2億円、無制限500万円~2,000万円
ソニー損保3,000万円~2億円、無制限500万円~3,000万円
チューリッヒ3,000万円〜9,000万円、1億円、無制限500万円、1,000万円
三井ダイレクト損保3,000万円~2億円、無制限300万円~2,000万円
楽天損保3,000万円~2億円、無制限100~1,000万円
セコム損保3,000万円~1億円、2億円500万円~2,000万円
自動車共済
JA共済3,000万円、5,000万円、1億円、無制限1,000万円
こくみん共済5,000万円、1億円、2億円、無制限500万円、1,000万円
代理店型
三井住友海上2,000万円~5,000万円、1億円、2億円、無制限あり
東京海上日動3,000万円、5,000万円、7,000万円、1億円、無制限あり
損保ジャパン2,000万円~7,000万円、1億円、無制限あり
あいおいニッセイ同和
損保
3,000万円、5,000万円、1億円、2億円、無制限あり

ほとんどの保険会社では人身傷害保険の保険金額について、数千万円から1億円、2億円、無制限と選べるようになっています。人身傷害保険はこちらの過失割合を問わず補償されるものなので、万が一の事故に備えて大きな保険金額を設定できる保険会社を選びましょう。

また契約対象の車以外の事故(他の車や自転車、電車に搭乗中など)まで補償範囲が広がる「車外」タイプも選ぶことができます。友人や親族の車によく乗られる方や、趣味でサイクリングされている方などは付帯を検討してみましょう。

車両保険


車に対する補償

自動車保険で契約している車に対する補償が「車両保険」で、事故による壊れた車を修理するための費用を補償してくれます。またタイプによっては盗難や当て逃げ、火災などによる損害でも補償範囲に含まれており、契約対象の車に対してどのような補償を求めるかによって保険料も大きく変わります。

損害保険会社車両保険
タイプ免責金額
ダイレクト型
アクサダイレクト一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:10万円
イーデザイン損保一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:0~10万円
SBI損保一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:10万円
おとなの自動車保険一般、車対車+A、車対車1回目:0~20万円
2回目以降:0~20万円
ソニー損保一般、車対車+A1回目:5~10万円
2回目以降:10万円
チューリッヒ一般、車対車+A、全損のみ1回目:7万円
2回目以降:10万円
三井ダイレクト損保一般、車対車+A1回目:5~15万円
2回目以降:5~15万円
楽天損保一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:10万円
セコム損保一般、車対車+A1回目:0~20万円
2回目以降:0~20万円
自動車共済
JA共済一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:0~10万円
こくみん共済一般、車対車+A、エコノミーワイド1回目:0~30万円
2回目以降:0~30万円
代理店型
三井住友海上一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:5~10万円
東京海上日動一般、車対車+A1回目:5万円
2回目以降:10万円
損保ジャパン一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:0~10万円
あいおいニッセイ同和
損保
一般、車対車+A1回目:0~10万円
2回目以降:5~10万円

また車両保険には「免責金額」を設定できるようになっており、自己負担額を増やすことによって保険料を抑えることができます。車両保険金額が大きくなればなるほど保険料も増えるので、高級車や新車などに対しては免責金額で調整されることをおすすめします。

基本補償の比較と選び方のまとめ
各社によって大きな違いはありませんが、保険金額や車両保険のタイプ、免責金額の違いで補償内容や保険料も大きく変わります。補償内容をよく確認してから契約を行うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました